フェイス/オフ【洋画】「絶対やってはいけない顔交換後の銃撃戦」

フェイスオフ【洋画】 映画

今回は、ニコラス・ケイジジョントラボルタのW主演である『フェイス/オフ』を紹介します。

は必見です!

フェイス/オフの基本情報

引用Amazon
監督ジョン・ウー
キャストジョン・トラボルタ(ショーン・アーチャー)
ニコラス・ケイジ(キャスター・トロイ)
ジョアン・アレン(イブ・アーチャー )
上映時間138分
公開年1998年
その他

フェイス/オフのストーリー

ショーン・アーチャー(FBI捜査官)は6年前、遊園地でテロリストのキャスター・トロイに狙撃されます。

襲撃によってショーンは一命をとりとめます。

しかし、不幸にもショーンの体を貫通した弾丸がショーンの息子マイケルの命を奪ってしまいました。

襲撃以来、キャスターの行方を執念深く追跡します。追跡の過程でアーチャーはキャスターに関する情報をたくさん得て、誰よりもキャスターに詳しい捜査官になっていきました。

そんな中、キャスターが弟と空港から逃亡を図るとの情報を掴み、激戦の末見事に逮捕することに成功します。

念願のキャスター・トロイ逮捕に至ったアーチャーでしたが、キャスターがロサンゼルスに爆弾を仕掛けていたことが判明します。

キャスターは逮捕の際に負傷したことが原因で植物人間状態のため、爆弾の所在を聞き出すことができません。

そこで誰よりもキャスターに詳しいアーチャーに「キャスターの顔を自分に移植してキャスターになり替わって、キャスターの弟であるポラックスから聞き出す」という作戦が計画が提案されます。

ポラックスが収監されている刑務所に潜入してキャスターとして情報を聞き出すこと決意したアーチャーは顔を移植します。

アーチャーは家族はおろかFBI局長にさえも隠し、潜入を試みます。苦労の末、アーチャーはポラックスから爆弾の情報を聞き出すことに成功します。

アーチャーは作戦が成功したことに喜びますが、キャスターがアーチャーの顔で面会にやって来たのです・・・。

フェイス/オフの見どころ

キャストが豪華

いやはや夢の競演です。

ニコラス・ケイジ×ジョン・トラボルタ・・・最強の組み合わせです。

ニコラス・ケイジの全盛期にトラボルタのいぶし銀の演技。面白くないわけがない!

本作の当初の構想ではアーチャーとキャスターの役は、アーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンの予定だったそうです。

僕はニコラス・ケイジとジョン・トラボルタの組み合わせで大正解だと思います!

メキシカン・スタンドオフ

メキシカン・スタンドオフとは「戦闘において、至近距離から互いに銃を向け合っている状態」を指します。

劇中では・・・

・序盤の空港の格納庫での銃撃戦

・中盤のキャスターのアジトでの銃撃戦

・ラストの教会での銃撃戦


でメキシカン・スタンドオフがさく裂します。

特にラストのメキシカン・スタンドオフは洋画の名シーンの1つに数えられています。

ジョン・ウー監督の演出

ジョン・ウー監督の代名詞と言えば・・・

・白い鳩

・両手に同じ武器

・スローモーション

の3つです。

もう、説明不要です。来た来た来た!もうそれで充分笑

ちなみに鳩を飛ばす理由は「平和の象徴」…銃撃シーンでと疑問を持ったら負けです。

フェイス/オフのレビュー

1.ストーリー 5.0
2.キャスト 5.0
3.演出 5.0
4.映像 4.0
5.音楽 4.0
総合 4.6

僕の中でこれまで見た映画の中で間違いなくベスト5に入る作品です。

フェイス/オフのストーリーとキャストは文句なく満点

演出も監督のこだわりで完璧。
※監督は自分のギャラを製作費に充てたという逸話も。

映像については、シーンによっては影武者感が半端ないので辛口評価にしました笑

ニコラス・ケイジの代表作です。当時のニコラス・ケイジの映画に外れなし!

必見です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました