ボードゲームのジャンル20種類【前編】「分かりやすさに自信あり」

ボードゲームのジャンル20種類【前編】 ボードゲーム

ボードゲームのことが分かり始めると、いろいろなジャンルがあることに気が付きます。

仲間と話をする上でジャンルの話は必要不可欠です。

例えば「トリテ」。どんなジャンルかってすぐに説明できるでしょうか。

僕は全く説明できなかったので、話についていくことができず完全に蚊帳の外で寂しい思いをしたことが何度もあります。

今はジャンルについて正しい知識を得たので、友人とジャンルについてあーだこーだと話をするのが楽しくて仕方ありません!

あなたのお気に入りのボードゲームのジャンルが分かれば、もっとボードゲームを楽しむことができます。

なぜなら、同じジャンルのゲームはあなたにピッタリな可能性が高いからです。

ボードゲームのジャンル20種類【前編】

というわけで、ボードゲームの代表的なジャンルをあいうえお順にまとめて整理してみました。

全部で20種類に分類できたので、前半10種類と後半10種類に分けて説明することにします。

今回は前編です。必ずあなたの役に立つと思います!

前編
・アクション
・エリアマジョリティ
・オークション
・拡大再生産
・協力プレイ
・正体隠匿
・推理
・セットコレクション
・タイル配置
・デッキビルド


後編
・トリックテイキング
・ドラフト
・バースト
・メイキング
・パズル
・ブラフ
・ベッティング(賭け)
・メモリー(記憶する)
・らくがき
・ワーカープレイスメント

ボードゲームのジャンル20種類【後編】はこちら

ジャンルの説明と代表作も同時に紹介しているので、気になった作品があればチェックしてみてください!

それでは、前編をどうぞ。

スポンサーリンク

アクション

アクションは、体の動かし方が結果に影響するジャンルです。

例えば・・・

・コマを素早くつかむ

・コンポーネントを投げる・叩く・置く

・ジェスチャーする

戦略的な要素が少ないので、子供と大人が一緒に遊びやすいジャンルです。

ボードゲームの例
・スライドクエスト
・タンブリン・ダイス
・アイスクール
・クラスク

エリアマジョリティ

エリアマジョリティは、プレイヤーがボード上のエリアに自分のコマやタイルを配置していき、その数を競うジャンルです。

・最もエリアを占領したプレイヤーが点数を獲得できる

・ボード上にコマやタイルを、いかにたくさん置くかを競う


という2つのパターンが鉄板です。

陣取りの要素に加えて・・・

・プレイヤーの持てるコマやマスに制限がある

・占領したエリアの組み合わせでボーナスが発生する


といった追加ルールによって、戦略に広がりを持たせることができます。

ボードゲームの例
・カルカソンヌ
・天下鳴動
・ウォーチェスト
・ブロックス
・バトルライン
・王と枢機卿

オークション

オークションは、各プレイヤーが資源(コイン)の数を提示します。

資源を一番多く提示したプレイヤーが勝者となり、提示した資源を支払ってリターンを得るジャンルです。

競りは全員が自由に金額を宣言して価格をつり上げていく方法が一般的です。

・リソースを生み出す

・特殊効果が得られる

・勝利点を得られる


といった効果が得られます。

競り落とせなかったプレイヤーは基本的に失うものがありません。

したがって、他のプレイヤーに支払わせるコストを吊り上げる方が自分に有利に働くように釣り上げようとするので必然的に盛り上がります。

ボードゲームの例
・モダンアート
・ハイソサエティ
・イスタンブール
・ハゲタカのえじき
・ゲシェンク

拡大再生産

拡大再生産は、資源を投資することで資産を獲得し、獲得した資産を投資することで更に資産を拡大していくというジャンルです。

拡大再生産の魅力は、後半になるにつれてプレイの選択肢が増えることです。

このジャンルは名作が多く、拡大していく自分のプレイを楽しむことがいかにボードゲームにおいて重要視されているかが分かります。

創意工夫しながら、育成ゲームのように成長や拡大させていくことが好きなプレイヤーにとっては大好物となるジャンルです。

ボードゲームの例
・カタン
・宝石の煌き
・アグリコラ
・プエルトリコ
・街コロ

協力プレイ

協力プレイは、その名の通りプレイヤー同士が協力してプレイすることで、ボードゲームが進行していくジャンルです。

・協力して脱出を目指す

・パーティーを組んでモンスターを倒すことを目指す

・一緒に建造物をつくり上げる

・協力して謎を解明する


など多種多様な目的のもとにプレイができます。

協力ゲームの魅力は・・・

・コミュニケーションを積極的に取ることが必要なので、ダウンタイムが少ない

・協力することで一体感が生まれるので、
プレイヤー同士の仲が深まる

の2点です。

ボードゲームの例
・パンデミック
・アンドールの伝説
・ザ・マインド
・ジャスト・ワン

正体隠匿

正体隠匿は、プレイヤーの中に裏切者が潜んでいるという設定が多いです。

具体的には、役職や陣営が分からない状況で正体を見破ることが目的となるジャンルです。

正体隠匿がテーマのボードゲームは少数派と多数派に分かれて、少数派は正体を隠すこと、多数派は少数派の正体を暴くことを目指すという設定が主になります。

他にも、自分の立場のみを把握した状態でスタートし、自分以外のプレイヤーの発言や行動などから敵か味方かを推理するといったボードゲームもあります。

自分の役職を隠すために他のプレイヤーを惑わすのは快感で、やみつきになること間違いなしです笑

ボードゲームの例
・ラブレター
・インサイダー・ゲーム
・そっとおやすみ
・ファブフィブ
・スパイ・フォール
・タイムボム

スポンサーリンク

推理

推理は、探偵や脱出といった謎解きに近いテーマを持つボードゲームに多く見られるジャンルです。

謎解き以外にも、比較するなどの考察することを主体にしたボードゲームも存在します。

与えられた情報をもとに得点を獲得するために推理することはもちろんですが、その推理が正しかったのかを検証することができるようになっているので、推理と検証の2段階で楽しむことができます。

すでに上記で説明した正体隠匿のボードゲームは、プレイヤー間の隠蔽情報を暴いていくといった推理要素が含まれていることがほとんどです。

ボードゲームの例
・クリプティッド
・スコットランドヤード
・ナイツポーカー
・タイガー&ドラゴン
・イリュージョン

セットコレクション

セットコレクションは、手に入れられるカードやタイルなどの組み合わせを作って、より高いポイントの獲得を狙うというジャンルです。

セットコレクションの最たる例は、麻雀やポーカーでいう役になると思います。

ある条件をクリアするとボーナス点が獲得できるという仕組みが代表的です。

言うまでもありませんが、集めにくい組み合わせや揃えにくい条件が高得点になります。

一瞬の閃きで一発逆転できる場合もあり、終盤でもテンションを維持してプレイできる点も魅力的だと思います。

ボードゲームの例
・ラミィキューブ
・世界の七不思議
・エバーデール
・すずめ雀
・キャンバス

タイル配置

タイル配置は、地形などのタイルを場に配置していくシンプルなジャンルです。

・定められた領域に収まるように置く

・置かれているタイルのイラストと繋がるように置く

といった制約があるボードゲームが主です。

展開が進むごとに最適な配置が変化していきます。

最終的なタイルの配置がゲームの結果に影響するので、常に置く位置が悩ましくも面白いです。

ボードゲームの例
・アズール
・ウイングスパン
・キングドミノ
・パッチワーク
・ペンギンパーティ

デッキビルド

デッキビルドは、デッキと呼ばれる自分の手札を好きなようにカスタマイズできるジャンルです。

デッキビルドの面白い点は最適な状態にデッキをカスタマイズできる点です。

例えばコンボが代表的です。

カードとカードが連鎖することで新たな効果を生み出すことをコンボと言います。

デッキビルドとセットコレクションが大きく違う点だとも言えます。戦略性がより高いのがデッキビルドと言えますね。

ボードゲームのジャンルの中でも自由にオリジナリティを発揮できる点も魅力的です。

ボードゲームの例
・ドミニオン
・イーオンズ・エンド
・クランク!
・エルドラドを探して
・オルレアン
・ロール・フォー・ザ・ギャラクシー
・ディープ・ブルー

ボードゲームのジャンル20種類【前編】

というわけで、ボードゲームの代表的なジャンルをあいうえお順にまとめて整理しました。

今回は前編ということで・・・

・アクション
・エリアマジョリティ
・オークション
・拡大再生産
・協力プレイ
・正体隠匿
・推理
・セットコレクション
・タイル配置
・デッキビルド


の10種類についてみてきました。

ボードゲームのジャンル20種類【後編】はこちらです。

あなたのボードゲームライフが豊かになることを祈っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました